種類が多い!酒の買取方法について

酒買取の種類① 店頭買取

店頭買取の特徴

店頭買取はその名の通り、買取業者の店舗に持ち込み、買取してもらう方法です。その場で査定してもらい、買取成立の場合は即座にお酒を現金化してもらえます。

利用するメリット

店頭買取はその場でお酒を現金化してもらえる買取ですので、やり取りがとてもスピーディーな点が一番のメリットと言えるでしょう。買取が成立した時点で現金が支払われるので、すぐにお金が必要という方にとってはありがたいですよね。
また、ネット買取と違って相手の顔が見えるやり取りなので、安心できます。
担当者の態度やお店の雰囲気によって、売るか売らないかを最終判断してもいいでしょう。

利用するデメリット

店頭買取の一番のデメリットは、自分の足でお酒を運ばないといけないことでしょう。
お酒は結構重たいですし、自分で運ぶには労力がかかります。
もちろん、ボトルを落として割るわけにいかないので、細心の注意が必要です。
そして、基本的に自分が足を運ぶことのできる店舗でしか売ることができないので、買取業者を選べないというデメリットがあります。

酒買取の種類② 出張買取

出張買取の特徴

出張買取は、お酒の買取業者が自宅まで出張してくれる買取方法です。基本的な流れは次の通りになります。
・買取業者と連絡を取り、査定日時を決定する。
・決めた査定日時に、自宅で査定してもらう。
・買取価格に納得ができれば、買取業者にその場で現金で買い取ってもらう。

利用するメリット

出張買取を利用するメリットは、何といっても自宅まで買取業者に買取に来てもらえることでしょう。店舗にお酒を持ち込むことはありませんし、楽だと言えます。
一度に大量のお酒を売りたい場合には、最も適した方法ではないでしょうか。

また、出張買取には出張費がかかるのでは?と思われる方もいると思いますが、出張費は無料という業者がほとんどです。
査定の結果、買取価格に納得がいけば、その場で現金化してもらえるのも出張買取のメリット。ワインなど保管方法に気を使うお酒の場合、自宅で査定の直前まで良い状態で保管できるのも、出張買取の良いところだと言えるでしょう。

利用するデメリット

出張買取はどこに住んでいても対応してくれるわけではなく、主に首都圏と地方の主要都市だけに対応している場合が多いです。出張買取を考えるときは、自分の地域が出張エリアに対応しているか調べる必要があります。
また、出張買取は自宅まで査定・買取に来てもらうため、査定に満足いかなくても「せっかく来てもらったのだから……」と、断りにくいという面がデメリットとして挙げられるでしょう。

酒買取の種類③ 宅配買取

宅配買取の特徴

宅配買取は、自分で梱包したお酒を買取業者に宅配で送り、買い取ってもらう方法です。宅配買取の場合、査定はネットで行います。写真の撮り方にコツなどが要りますが、しっかり写っていれば問題ありません。
査定額に納得できたら自分で梱包し、買取業者にお酒を送るだけのやり取りとなります。後日、口座に買取金が振り込まれる場合が多いようです。

利用するメリット

出張買取と違って、全国に対応している場合が多いのが宅配買取です。
基本的にどこに住んでいても、気に入った買取業者にお酒を売ることができます。
また、持ち運びの苦労をしなくていいというのも、宅配買取のメリットと言えるでしょう。
自宅にお酒を集荷に来てもらえば、自分で苦労して運ぶことはありません。

利用するデメリット

宅配買取のデメリットとして、お金を受け取るまでに時間がかかるということがあります。
ネットで査定をしてもらい、自分で梱包・発送し、業者がお金を振り込むという一連の流れは数日かかることが多いです。
また、宅配時に直射日光に当たったり、温度の変化があることによって、ワインの色味が落ちてしまい、査定額に影響する場合があることもデメリットです。
基本的に相手の顔が見えないやり取りとなりますので、不安になる方もいるかもしれません。