メルカリで酒を売却した人の声【まとめ】

メルカリでも酒の売却はできる!

お酒は買取業者に売る以外にも、売る方法があるのを知ってましたか?それは、「メルカリ」を利用するということです。わざわざ店舗に行かなくても、フリマアプリで気軽に不要なものを売ることができます。最近ではメルカリを利用している人がたくさんいるので、出品すると多くの人の目に入りやすいです。人気のものになると、すぐに売れてしまったりしますからね。
自分の不要だったものを欲しいと思ってくれる人がいるというのは嬉しいことです。
しかし、服や雑貨などを売ってる人は見かけますが、お酒を売ることはできるのか疑問に感じる人もいるはず。
実は、お酒は食品のカテゴリーに含まれるため、売却が可能となっています。僕もメルカリで購入した経験がありますが、特に問題はなかったですね。
スマホがあればどこでも利用できますし、メルカリはとても便利です。お酒を購入することもできますし、売ることもできるので、気になる方はぜひ一度チェックしてみてください。

お酒の出品に関するメルカリ利用者の声

先ほどメルカリでお酒の売却は可能とお伝えしましたが、実際利用してる人の意見が気になりますよね。そこで、メルカリボックスに投稿された「お酒の出品はいいのか?」という質問に対して、利用者の回答をいくつかピックアップしてみました。さらに、その回答に対しての僕の考えを述べていきたいと思います。

『梱包や発送が大変そう』

これは、「お酒の出品は可能だけど、梱包や発送が大変そう」という意味の回答ですね。確かにメルカリでは、商品が売れたら自分で発送しなくてはいけません。発送するためには商品を梱包しなくてはいけませんし、出しに行く手間がかかります。
メルカリではやりとりに関する評価をつけるので、梱包が雑だったり、発送に時間がかかると悪い評価になる可能性も。あまりに適当だと相手とトラブルになることもあるので、注意が必要です。気軽に売れるのは良いですが、手間がかかるというのはデメリットでもありますね。
お酒の買取業者を利用すれば、店頭買取や出張買取の場合は梱包しなくても良いので楽です。もし手間をかけたくないのであれば、買取業者の方が良いかもしれません。

『未開封とかなら大丈夫ぢゃない?』

開封済みのお酒ではなく、未開封なら大丈夫ではないかという意見ですね。メルカリではお酒の売却は可能でも、未開封でなければいけません。確かに食品の場合は、開封済みを売られても何が入っているかわからないですし、不安を感じますからね。
ただ、中には開封はしてあっても中身が入っていない空のボトルを売ってる人もいます。お洒落なボトルもたくさんあるので、インテリアとして使用する人もいるのでしょう。
あと、この回答に関しての僕の勝手な意見ですが、文章の中で「じ」が「ぢ」になっているのがちょっと気になってしまいますね。

『税務署に通報されれば、50万円の罰金』

「お酒をメルカリで売った場合、違法になるのではないか?」と気になる人もいると思います。この回答に関しては、半分事実で半分そうではないということを知ってほしいです。
半分事実というのはどういうことかというと、お酒を定期的に売却している場合に違法になります。儲けるためにお酒を業者のように定期的に売るというのはいけないということですね。個人で不要なお酒を売るというのは問題はありません。
罰金が50万円というのも最大額であって、必ずこの額の罰金が科せられるというわけではないようですね。

せっかくですので、酒買取業者で売れるお酒をまとめてみましたので、こちらをチェックしてみて持っているようならメルカリで売ってみるのもありかもしれないです。

ただしワインに関しては「偽物が出回っているためフリマアプリで買うのはオススメできない」という記事が多くありましたので、高額ワインに関しては個人間での売買は難しいでしょう。

「高級ワインの5本に1本は偽物が出回っている」と言われており、フリマアプリなどでの安易な購入は危険だからです。
ワイン初心者のための知識・通販・フリマサイト@dealingより引用

メルカリで売却ができないもの

様々なジャンルのものを売ることができるメルカリですが、中には売却不可能なものもあります。売ってはいけないものを出品してしまうこと自体ルール違反ですので、メルカリを利用する前に何がだめなのか理解しておかなければいけません。誰でも違反はしたくないでしょうし、正しく利用するためにも覚えておきましょう。
では、ここからは売却できないものについて、いくつか紹介していきます。今回紹介するもの以外にも禁止されているものがあるので、気になる方はぜひメルカリに書かれていることを確認してみてください。

たばこ

まず、たばこは売却が禁止されています。たばこは国で価格が決められており、値段を下げて売却してはいけません。そして、たばこを売る際は許可が必要になるので、メルカリでは売れないということですね。さらに、メルカリは未成年も多く利用しているので、購入できないように禁止しているというのもあるでしょう。
ちなみにアイコスならどうなのかというと、ニコチンが含まれるものは禁止なので売却不可です。

商品券、債券、小切手

商品券、債券、小切手なども売却することはできません。金銭と同等なものは、出品できないという決まりです。過去に出品されていたこともありましたが、ルールが強化され今は出品できないようになっていますね。
今回は3つを挙げましたが、他にも禁止されているものはたくさんあります。航空券やクレジットカードなども禁止なので注意しましょう。ただ、図書カードやテレホンカードなど、コレクションを目的としているものは可能になります。
線引きが少し難しいですが、お金と同じようなものは売らないようにした方が良いですね。

医薬品

医薬品も資格を持ってない人が扱うことができないので、出品することはできません。市販されている薬や、病院で処方された薬も違反です。もし出品してしまったとしても、削除されるでしょう。